北海道では冬になると定番の料理 石狩鍋

寒くなってくるとどうしても鍋が食べたくなってきますよね。

最近はキムチ鍋とかカレー鍋など様々な鍋料理がでてきましたが、長い歴史のある石狩鍋はいかがでしょうか。

北海道では冬になると定番の料理なのですね。

石狩鍋

サケの身のぶつ切りに、中骨などの「あら」を入れ、野菜は、甘みを引き出すためにキャベツやタマネギを使い、豆腐、ツキコンニャクなどの具材が入り味噌を加え、最後に魚の臭みや味噌臭さを抑え、うま味を引き出すために山椒をかけるのが本場の「石狩鍋」。

山に住む木こりやマタギたちの料理 きりたんぽ

きりたんぽの由来には、次のような話が伝えられています。
ある年の初秋、花輪町に居られたご城代に、南部藩主(現・岩手県)直々のご巡視の知らせが届けられました。

その知らせを聞いた料理番は何をご馳走して旅情をお慰めしようかと思いあぐねました。
その時、料理番頭がふと考えついたのが、山に住む木こりやマタギたちの料理です。

山木こり達は、普通のご飯を持って山に入ったのではご飯が腐りやすいため、木の棒にご飯をつぶしてつけて焼き、これを山でキジや野菜を煮詰めた鍋に入れて食べておりました。

早速真似て藩主に差し上げたところ、藩主は事のほかお喜びになり、料理番に「これはなんと言う食べ物だ」と聞きましたが、料理番は名前まで考えておらず、思いついたのが槍の稽古に使う短穂槍の形に似ているのでとっさに、これは「たんぽ」ですと藩主に申し上げたそうです。

これが〔きりたんぽ〕と言われるようになった始まりだそうです。

味噌付けたんぽ

この「たんぽ」を焼く時か焼いた後に「味噌タレ」や「醤油タレ」をつけたものを「味噌付けたんぽ」と言います。

きりたんぽ
鍋に入れる際、適当な大きさに切って入れるところから「きりたんぽ」と言います。この「きりたんぽ」と鶏肉や野菜、きのこ等を入れた鍋料理を「きりたんぽ鍋」と言います。今では簡単に「きりたんぽ」と言えば「きりたんぽ鍋」を指すようになりました。

山形県の漁師が船の上や浜辺で食べていたどんがら汁

山形県には芋煮ほど有名ではありませんが、本当に美味しいどんがら汁というものがあることをご存知でしょうか。

どんがら汁は鱈(タラ)を味噌に煮込んだ汁のことですが、脂肪が少なく柔らかくて美味しいとのことです。

本来どんがら汁は漁師が船の上や浜辺で食べていたものですが、次第に家庭の中へと広まって行ったのですね。

寒い冬には鍋物が欲しくなってきますよね。今年は一度だけでも結構ですからどんがら汁を食べてみてください。

乳酸菌:ラッキョウ由来、漬物やアイスに 越前市の業者が商品化 /福井

まろやかな風味
越前市新保の漬物製造会社「越前漬物本舗」は、県産ラッキョウ由来の植物性乳酸菌で発酵させた大根や白菜の漬物「米ヨーグル漬」(420円)と、氷菓「COMEYOGURU(米ヨーグル)アイス」(300円)を製造し、同社などで販売を始めた。県農業試験場が開発したこの乳酸菌で、商品化は初めて。
 
同社の佐々木義二専務によると、県産コシヒカリとこうじなどを加温、殺菌して甘酒状にしたところで植物性乳酸菌を加えて米ヨーグルトを作る。このヨーグルトで漬物を作ると乳酸菌の作用でまろやかな風味になる。豆乳や砂糖などを加えて氷菓に加工すると、植物由来の材料のみの製品になり、牛乳や卵アレルギーの子どもも食べられる。
 
量販店や県外の百貨店での販売を目指す。佐々木専務は「どちらも体に優しい商品です」とPRしている。

温州ミカン:小ぶりでも甘味たっぷり 周防大島で初出荷 /山口

県内のかんきつ類生産の約85%を占める周防大島町で24日、温州ミカンの出荷が始まった。同町久賀のJA山口大島の選果場では、極早生種の「日南姫(ひなのひめ)」3トンが選別され、箱詰めの後、県内市場に出荷された。
 
JA山口大島によると、かんきつ類全体の生産量を8355トン(前年比25%減)、うち温州ミカンは6891トン(同30%減)、出荷量4566トン(同36%減)と見込んでいる。今年は裏年に加え、梅雨明け以降の高温と少雨で、表裏の少ない極早生種でも果皮が黄化する日焼けや玉太りが小さいなど、2〜3割収穫が少ないという。一方、12月から5月がシーズンの「ゆめほっぺ」など晩かん種は生産量1464トン(前年比5%増)、出荷量1198トン(同6%減)と予想している。
 
選果場では、光センサーを使って糖度をチェック、従業員が日焼けの有無などを確認。サイズや等級別に分類し5キロ箱に箱詰めした。直径55〜60ミリのSが半数を占めるなど小玉が目立ったものの、平均糖度は、9・3度と昨年より甘くてコクのあるミカンに仕上がった、という。この後、出発式が行われ、岩国、徳山、山口、下関の市場に「山口大島みかん」ブランドとして出荷した。

新鮮!産地直送!マグロ通販 創業300年マグロの専門店「 まぐろ屋 福坊」

創業300年というマグロの専門店「まぐろ屋 福坊」が通販に乗り出しましたね。

「まぐろ屋 福坊」とは静岡県焼津市にある福一漁業鰍フネットショップ名です。

マグロに関してはプロ中のプロで、本当に美味しいマグロを提供してくれます。「まぐろ屋 福坊」ではマグロ船から直接購入したものを消費者に届けていますので、鮮度と値段はピカ一でしょうね。



新鮮!産地直送!マグロ通販

ただ、マグロは乱獲の影響や日本食ブームのために消費量が増えるのに、漁獲量が減少してるので、価格が次第に高くなってきています。

口に入れると溶けるようなトロといわれる部位は次第に家庭の食卓には登場しなくなりつつあります。そこで。「まぐろ屋 福坊」さんがトロと呼ばれる部位で新鮮なマグロを訳あり価格で販売してくれています。

もちろん、刺身でも良いですし、マグロの漬け丼やマグロのみどり酢和えにしても本当に美味しい意ですね。

特別な日にはマグロ料理はいかがでしょうか。

マグロの刺身に「わさび塩」

マグロなどの刺身を食べるのに、普通なら、わさびしょうゆです。

他に、塩を使った食べ方があります。

その一つが、伊豆名産のワサビを使った山本食品のこの『わさび塩』。

わさび塩わさび塩

わさび塩わさび塩

価格:350円(税込、送料別)



わさび塩は、刺身以外にも、天ぷらや焼き鳥、

冷奴などにもおススメです。

もっと買えばよかったです!

昼食補充
ビビンパの素 2食→まあまあでした。
袋を開けてごはんに乗せるだけ。
肉気を用意した方がいいかも。★★★
冷麺×2食→おいしかったです。★★★★
韓国のり→おいしかったです。おいしくない韓国のりを食べたことがないですが。★★★★★

送料込みで398円、昼食2人分×2回、作るのも楽、もっと買えばよかったです。

韓国市場お試しセット398

やっぱり近所のスーパーで買うのとは味も食感も大違いです!

うめ屋さんの無着色辛子明太子は絶品です!!。この切大600gは送料も無料で、大変お値打ちで、粒も大きくお家使いだけではもったいない位です。
他店でも数店購入してみましたが、やっぱりうめ屋さんが一番!最近はうめ屋さんばっかりです。
実家の両親にも食べて貰ったところ、これは美味しい、本当に美味しい!と、絶賛でした。両親ともどもぞっこんです。とても喜ぶので、この頃は度々両親にも届けています。やっぱり近所のスーパーで買うのとは味も食感も大違いです。

うめ屋の切大 無着色辛子明太子 600g

肉厚の霜降り肉が最高に美味でした!

家族でバーベキューに
確かに脂身の部分が多いかな?と。フライパンで焼いたときは、滲み出る油の多さに参りましたが、野外バーベキュー用には最高でした。
炭火で焼くので脂も気にならず、肉厚の霜降り肉が最高に美味でした。家族にも大好評でした。
またリピートしたいと思います。

特選黒毛駿河牛焼肉用カルビ!!500g

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。