もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら

もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら

は非常に人気がありますね。

ドラッカーの経営書はとっつきにくいと言う人であっても

この本を読むことによってドラッカーの経営指針を簡単に理解できます。


特に、人とのつながり、モチベーションの維持と高揚にはとても役立つのではないでしょうか。

人間関係というのは、どのような時代になっても同じことが繰り返されているので

座右の銘としてもお薦めしたいですね。




敏腕マネージャーと野球部の仲間たちが甲子園を目指して奮闘する青春小説。高校野球の女子マネージャーのみなみちゃんは、マネージャーの仕事のために、ドラッカーの『マネジメント』を間違って買ってしまいます。はじめは難しくて後悔するのですが、しだいに野球部のマネジメントにも生かせることに気付きます。これまでのドラッカー読者だけでなく、高校生や大学生、そして若手ビジネスパーソンなど多くの人に読んでほしい一冊。

ボビーのさし絵、子供たちが大絶賛

タレントのボビー・オロゴン(37)が8日、さし絵を担当した本「もしも8歳のこどもが大統領に選ばれたら」(ポプラ社)の発売イベントを行った。

さし絵はアフリカンアート「ティンガティンガ」で3日間、缶詰め状態で10枚描いたという。「(出版社に)ラチされました。アリガトウゴザイマス」。子供たちからは大絶賛。「そこそこ頑張って生きてるってことが伝わったんじゃないかな」と誇らしげに話していた。

ボビー・オロゴン(Bobby Ologun、1973年4月8日 - )は、ナイジェリア連邦共和国イバダン出身、日本国籍のタレント・格闘家。プラチカ所属。本名は近田 ボビー(こんだ ボビー)、旧名はカリム・アルハジ・オロゴン。名前のボビー(帰化前の通称)はR&B歌手ボビー・ブラウンが由来。格闘家のアンディ・オロゴンは弟。

英語(ナイジェリアの公用語)、ヨルバ語、日本語が話せる。「もす!」など独特の口癖や、間違った日本語の言い回しを多用したり、相手を問わず傍若無人な態度をとることで有名だが、これはあくまでも芸風で、実際は流暢に日本語を話せるらしく、わざとおかしな口調を作っているとネタにされることも多い。

会社を経営する父の33人兄弟の3番目の子(ナイジェリアでは一夫多妻制が認められているため、父サンバ・オロゴンには6人の妻がおり、ボビーの上には兄と姉が1人ずついる)としてナイジェリア第3の都市イバダン市に生まれる。なお、オロゴン家は敷地面積300坪以上の豪邸を持つ地元の名家である。父親には非常に厳しく育てられ、悪いことをするとムチで叩かれる体罰を受けていた。本人曰く「中学を卒業する頃まで毎日叩かれて」おり、今でも父親を恐れている。また、母親もかなり厳格だった。因みに、父親はボビーより体が大きく、身長は200cm程あり、母親も175cmある。

ナイジェリアの国立大学を卒業後、父が経営する貿易会社の手伝いでドイツを始め世界各国を回り、1995年に糸の買い付けを目的に初来日。500万円とパスポートをバスの中に置き忘れる事件を起こしたが、幸運にも戻ってきて糸を買い付け帰国。このとき、日本人の優しさに感動したという。著書によると、父親が親日家で子供の頃から「日本人は皆優しく正直でいい人たちだ」と聞かされていたため日本に興味を持っており、この事件の際に「父の言葉は本当だった」と思ったとのこと。

1998年にタイヤチューブ買い付けのため再来日するも、資金をパチンコで使い果たしたうえ、日本の自動車のタイヤはチューブを使用しない(まったくないわけではなく限られたサイズではあるが製造もされている)ことが判明したため買えず、そのまま日本にとどまる。

日本に来日した当初はバスで8時間以上も彷徨ったり、自動販売機の前で使い方が分からず7時間以上もじっと立っていたことがあったという。

ビンボー結婚したものの…。

アメーバブログ「国際結婚・アジアンファミリー」を書籍化したコミックエッセイです。
ふたりの出会いから、現在まで波乱万丈な出来事が目白押し!
おすすめです!
すごい楽しかったです!!あっという間に一気読みしてしまいました!!

ビンボー結婚したものの…。

【内容情報】(「BOOK」データベースより)

お金大好きブー子が結婚したのは、世界最貧国バングラデシュ出身の貧乏なベラだった…。ビンボー家族のドタバタ爆笑コミックエッセイ。

【目次】(「BOOK」データベースより)

1 この人は“運命の人”なの?(出会い/しつこい男 ほか)/2 お金より愛を選んだわ(バングラ準備/飛行機で ほか)/3 結婚生活は超ビンボーよ(赤ちゃん誕生/新生活スタート ほか)/4 ありえない毎日が続くの(バングラ流子育て/親バカ道 ほか)/5 生きてりゃなんとかなるさ(妖精はいる/商売がしたい ほか)

暮らしてわかった!年収100万円生活術

ポジティブな考え方をすれば良いって事ですね。変な言い方だけど『元気が出る』本だと思います。色々と参考になりそうです。ただ外で読むのは見ての通り表紙が変?なのでブックカバー欲しいですね。本屋で買うと付けてくれるようなのでいいから、そう言うサービスも欲しいところです 。

暮らしてわかった!年収100万円生活術

【内容情報】(「BOOK」データベースより)

「収入が減ったら生活できない」なんて、真っ赤なウソ!狭い部屋をますます狭くするモノへの執着、見栄で続けている“疲れるおつきあい”、週末にしか乗らないマイカーなど、「なくてもどうにかなる」ものを人生から排除すれば、生活コストは驚くほど安くなる。家賃や光熱費の抜本的な削減法から、保険の見直しかた、賢い貧乏宣言のしかたまで、読めば納得、痛快な“横田流”節約術!!節約とはつらく悲しいものではなく、賢く自分らしく暮らす心得だった。

【目次】(「BOOK」データベースより)

第1章 年収が100万円になっても心配なし!(年収100万円、税金は安く恩恵は大きく/なにに、いくら使っているか―生活費を洗い出そう ほか)/第2章 お金をかけずに心を豊かにする生活術(最後に笑うのはあなた?―金銭感覚チェックよい友だちとつき合おう ほか)/第3章 発想の転換で生活をエンジョイする(合い言葉は「ローコスト・オペレーション!」/扇風機を上手に使って電気代を節約 ほか)/第4章 節約生活はこんなに楽しい(年収100万円、一人暮らしの支出内訳/年収200万円、夫婦二人暮らしの支出内訳 ほか)

【著者情報】(「BOOK」データベースより)

横田浜夫(ヨコタハマオ)
1958年、東京都に生まれる。1981年、首都圏の私大を首席で卒業後、通称「港のみえる丘銀行」に入行。以来十数年間、法人および個人向け融資業務を主体に勤務。1992年、在職中に書いた『はみ出し銀行マンの勤番日記』(角川文庫)が40万部を超えるベストセラーとなる。『はみ出し銀行マンの恋愛日記』(河出文庫)で、’95〜’96世界ユーモアクラブ金賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

仕事と人生が楽しくなる時間活用術!1週間は金曜日から始めなさい

時間の使い方は大切です。毎日の時間の使い方で、人生が変わります、大げさでなく。
費用対効果、効率化。自分の意識を研ぎ澄ますことによって、いろんなことが見えてくるものですね。
そんな「気付き」を起こさせてくれる本です♪
デキる人を目指すなら、また、楽しく仕事をしたいなら、知識の吸収にお役立てください。
すぐに実行に移すことが大切です!!

1週間は金曜日から始めなさい

「時間がないからできないなんて言い訳。時間密度を高めれば誰だって何だってできる!」。元「マネーの虎」レギュラーで、経営者・資格ホルダー・主婦・著者&講演者と、1人4役も5役もこなすスーパーウーマンの臼井由妃。多忙を極めながら、やりたいことを次々とやりとげる彼女の時間管理の哲学&ノウハウを紹介する。これを読めば「時間貧乏」の人も「時間ケチ」の人も、「時間リッチ」になれる!




【内容情報】(「BOOK」データベースより)

何でもやる人ほど時間と心とお金にゆとりがある。時間に支配される人から時間を支配する人に変身。

【目次】(「BOOK」データベースより)

1 タイムマネジメントの基本は時間密度―できる人は、時間をケチるのではなく濃くする/2 考えるのは15分でやめなさい―仕事が速い人の考え方&発想法/3 1週間は金曜日から始めなさい―目標を達成し続ける人の予定&計画の立て方/4 時間は支配した方のものになる―人付き合い&コミュニケーション一つでこれだけ時間の差が出る/5 頭がフル回転なら、時間効率はグンと良くなる!―密度の高い時間を過ごすための自分プロデュース術/6 時間を上手に使う人のちょっとした工夫―仕事の速い人が実践する大きな時間を生む小さな習慣

【著者情報】(「BOOK」データベースより)

臼井由妃(ウスイユキ)
1958年東京生まれ。株式会社健康プラザコーワ/有限会社ドクターユキオフィス代表取締役。33歳で28歳年上の夫と結婚したことを機に、健康器具の開発、会社経営に携わる。次々とヒット商品を開発し、また独自のビジネス手法で通販業界で大成功を収め、借金3億円を抱えた会社を年商23億円の優良企業に変える。その躍進がメディアにも注目され、日本テレビの『マネーの虎』(放送終了)の出演により全国にその名を知られるようになる。経営者・講演者として活躍する傍ら、数々の難関資格を取得。理学博士号、健康医科学博士号、宅建、行政書士、MBAなどを次々と短期取得し、その勉強法も注目される(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

笑う招き猫

漫才コンビ『アカコとヒトミ』のお話。ゆっくり読もうと思ったけどサクサク〜っと読みきってしまいました。テンポがよくて面白い!
お笑いがスキじゃなくても面白く読めると思います!!

笑う招き猫

【内容情報】(「BOOK」データベースより)

男と並んで愛誓うより、女と並んで笑いを取る、それが二人のしあわせなのだ!駆け出しの漫才コンビ、『アカコとヒトミ』。超貧乏で彼氏なし、初ライブは全く受けずに大失敗。おまけにセクハラ野郎の先輩芸人を殴り倒して大目玉。今はぜんぜんさえないけれど、いつかはきっと大舞台。体に浴びます大爆笑―。夢と笑いとパワーあふれる傑作青春小説。第16回小説すばる新人賞受賞作。

【著者情報】(「BOOK」データベースより)

山本幸久(ヤマモトユキヒサ)
1966年、東京都八王子市生まれ。中央大学文学部史学科卒業。『笑う招き猫』で小説すばる新人賞を受賞し、作家デビューする(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

世界の富を動かすユダヤ人の原点を格言で学ぶ!ユダヤ5000年の教え

なんでユダヤ人は頭がいいのか?
と疑問に思って買った本です。読んで見ると、何てこと無い、当たり前の事が書いてあるだけでした。でも実際、行動にしてできていない・・・・。なかなか当たり前の事ってできないモノですね。今子育て真っ只中、自分への戒めとして、いつも目の届く所に置いています。
『なぜ口は一つで耳は二つあるかユダヤ人は話す事より聞く事を重視しているからです。』んん〜なるほど

ユダヤ5000年の教え

【内容情報】(「BOOK」データベースより)

民主主義をつくりだしたのは?最初に義務教育を実施したのは?医学・裁判制度・福祉の基礎をつくったのは?みんな、ユダヤ人。本書は、ユダヤ人が五〇〇〇年にわたって蓄積してきた知恵を、集大成したものである。ユダヤ人の知恵を砥石として使って、能力を大いに磨いてほしい。

【目次】(「BOOK」データベースより)

なぜユダヤ人に成功者が多いのか/成功の法則/貧乏と金持/幸福と不幸/知識と知恵/賢者の言葉/恋愛と結婚/つきあい術/もっとユダヤ世界を理解するために

【著者情報】(「BOOK」データベースより)

トケイヤー,マービン(Tokayer,Marvin)
1936年9月4日、ニューヨーク生まれ。1958年、同市イェシバ大学卒。1962年、ラビ(ユダヤ教の牧師)の資格を取得。1967年、東京広尾に日本ユダヤ教団設立。初代ラビに就任し、1976年まで活躍

加瀬英明(カセヒデアキ)
1936年東京生まれ。慶応大学経済学部中退。1967年『ブリタニカ国際大百科事典』初代編集長。現在は、外交評論家として国内外で、執筆、講演、映画製作など広く活躍(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

がばいばあちゃんの勇気がわく50の言葉

がばいばあちゃん、大ファンです!
ドラマで見たことがきっかけで、今更ながら単行本を買い、新たな感動を発見したり、つまずいた時の参考書になったりしています。70歳を直前にした両親にも、この底抜けに明るい ばあちゃんのユーモアとど根性を参考にしてほしいと思い、贈りました。

がばいばあちゃんの勇気がわく50の言葉

貧乏だからこそ生まれた、生きるための知恵と哲学。元気と笑いを忘れない「がばいばあちゃん」の名言集。

シリーズ400万部突破!「佐賀のがばいばあちゃん」で大人気、おさのばあちゃんの<がばい語録>が本になりました。
「死ぬまで夢をもて! その夢がかなわなくても、しょせん夢だから」など、ばあちゃんの名言を50本集め、それぞれに解説をつけました。
どんな時も笑顔で生きる、知恵と哲学。時代を超えて読者を勇気づける、元気と笑いに満ちたオリジナル格言集。
落ち込んだとき、人や自分に優しくなれないとき、この本のページをめくってみてください。

【内容情報】(「BOOK」データベースより)

大切なばあちゃんの言葉のなかから五十個を選んだ「がばい語録」。

【著者情報】(「BOOK」データベースより)

島田洋七(シマダヨウシチ)
1950年広島県生まれ。本名・徳永昭広。小学校・中学校時代を佐賀で過ごす。’75年、洋八と漫才コンビ「B&B」を組み、NHK漫才コンテスト最優秀新人賞受賞、1980年、漫才ブームをつくる。現在もTV、舞台等で活躍中(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

結婚貧乏

フィクションでありながら、こんなことも現実にはあり得る話なので勉強になりました。
結婚したら貧乏になってしまうといった単純な物語でありません。素敵なお話です。

結婚貧乏

【内容情報】(「BOOK」データベースより)

将来有望な五歳下のプロ野球選手と結婚した実奈子。優しく病弱な大学病院の内科医とおだやかな結婚生活を送る美咲。結婚式のために節約を重ね、本番を一週間後に控えた千佳。貧乏で職業不明な風来坊と「結婚を前提」に同棲するうはね。―心も身体も生活も、全てが満たされる結婚生活なんてあるんだろうか?リアルで切実な「結婚」アンソロジー。

【目次】(「BOOK」データベースより)

ロマンスの梯子(平安寿子)/玉の輿貧乏(宇佐美游)/オーダーメイドウェディング(春口裕子)/森を歩く(三浦しをん)/シンデレラのディナー(内藤みか)/次はあなたの番ね(真野朋子)/グッドマリアージュ(森福都)/花と蜜蜂(松本侑子)

こんな僕でも社長になれた

ありがちな成功本かなぁと思ったら、ぐいぐい引き込まれた。
周りの協力無しには成功しない。そう思いました。
超有名プロバイダー「ロリポップ」の社長が書いた著書。
自身の貧乏時代から結婚、そしてサーバーを立ち上げ社長へと常に自分らしく前進し続ける姿勢にとても共感が持てました。
自分も頑張るぞー!と何気にやる気にさせられた本でもありました。

こんな僕でも社長になれた

【内容情報】(「BOOK」データベースより)

貧乏、イジメ、登校拒否、ひきこもり、両親の離婚、月収6万円で新聞配達。逃げて逃げて、この場所にたどり着いた。年商13億!50万人が選んだNo.1レンタルサーバー、「ロリポップ!」をつくった男。ナナロク世代の若きIT社長が語る、感動のサクセスストーリー。

【目次】(「BOOK」データベースより)

1章 貧乏な家に生まれて/2章 「ひきこもり」だったあの頃/3章 長いトンネル/4章 起業前夜/5章 ペパボ黎明期/6章 成功、そして未来へ

【著者情報】(「BOOK」データベースより)

家入一真(イエイリカズマ)
1978年12月28日生まれ。福岡県宗像市出身。地元福岡のデザイン会社在職中、ウェブデザインに興味を持ち、コンピュータシステム会社に就職し技術を習得。2001年10月、合資会社を設立し、自宅の一室でロリポップ!レンタルサーバーを立ち上げる。その後、福岡県福岡市に有限会社paperboy&co.を設立し、代表取締役に就任。2004年3月、株式会社化し本社を東京に移した後も、デザインを重視したサービスを多数提供している(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。